定期借家契約の電子化に向けた取り組み

IMAoS開発元のgooddaysホールディングス株式会社が、定期借家契約電子化の実証実験の開始


IMAoS開発元のgooddaysホールディングス株式会社が、2020年9月より規制のサンドボックス制度を用いて、定期借家契約電子化の実証実験の開始します。

借地借家法38条により定期借家契約(および定期借地契約)は書面による契約が契約成立要件となっており、不動産業界内では以前よりデジタル化を望む声があがっております。

本実証が進むことで、宅地建物取引業法における電磁的方法による書面交付と同様に、規制緩和に向けた実証が進むことになります。


内閣官房

https://www.cas.go.jp/jp/houdou/pdf/20200806sandbox.pdf


法務省

生産性向上特別措置法に基づく「新技術等実証計画」の認定について

https://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00123.html






経済産業省

-電子契約システムを用いたマンスリーマンション事業に係る定期建物賃貸借契約書面の作成に関する実証-

https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200806002/20200806002.html