賃貸住宅での電子契約締結時の火災保険手続き連携機能をリリース

Chubb損害保険株式会社で利用可能

------------------------------------------------------------------------------------------------

※本稿は2022年7月4日にgooddaysホールディングス株式会社より配信されたニュースリリースを掲載しております。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000046420.html

------------------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------------------

【関連記事】Chubb損害保険、火災保険オンラインで案内 (全国賃貸住宅新聞)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000046420.html

------------------------------------------------------------------------------------------------


gooddaysホールディングス株式会社(東京都千代田区・代表取締役社長 小倉博)は、ソフトバンクグループ企業でIT関連製品の製造・流通・販売、IT関連サービスの提供を行うSB C&S株式会社(東京都港区・代表取締役社長 兼 CEO 溝口泰雄)との共同事業である、不動産賃貸業向け電子署名サービスIMAoS(イマオス)において、賃貸住宅での電子契約締結時の火災保険手続きの連携機能として、Chubb損害保険株式会社(東京都品川区・代表取締役社長 兼 CEO ディエゴ・ソーサ、以下「チャブ保険」)との接続サービスを正式にリリースします。




意向確認書の回収をオンライン化

2022年5月に「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案(デジタル改革関連法案)」が施行されたことで、新規入居時の不動産賃貸契約をオンライン上で締結する機会が増加し、不動産賃貸契約と併せて締結される火災保険の手続きにおいてもオンラインで完結する仕組みが求められております。


従来、チャブ保険は、火災保険(総括契約)の加入時に入居者から意向確認書を書面で回収しておりましたが、IMAoSの機能拡張により、代理店がIMAoSで賃貸借契約を締結した後に自動的にチャブ保険専用のショートメール(SMS)もしくはEメールが入居者へ配信され、賃貸借契約書の締結と意向確認書への同意を一連の作業としてシームレスに行えるようになりました。2022年6月から一部の取引で利用を開始し、安定稼働していることを踏まえて、7月より正式リリースとなりました。

また、IMAoSで締結した賃貸借契約の物件情報を自動的にチャブ保険の加入者データに反映することで、入居者の入力作業を省略し、ボタン操作だけで完結するようになっており、誤入力を発生させず、かつ操作途中での離脱を防止するようにしております。